• トップ /
  • 歯科で行うホワイトニングの特徴

ホワイトニングの特徴

歯科で行うホワイトニングの特徴

歯科で行うホワイトニングの種類

歯が白くキレイだと人に与える印象は格段に良くなります。そればかりでなく、自分自身の自信となるため、笑ったり話すことにも快活になれるでしょう。近年歯科では歯を傷めることなく白くするための技術が向上しています。手法は大きく2つに分けられ、歯科医で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあります。日本では歯科医で行うオフィスホワイトニングの人気が高い特徴があり、短時間で効率的に結果を得られます。「過酸化水素」という薬剤を使って、レーザーなどによって熱を当て反応を早める施術内容となっており、一回の施術でもある程度の白さが実現できます。しかしこの方法は効果が比較的持続しないという特徴があります。一方のホームホワイトニングは、歯科医の指導のもと自宅で「過酸化尿素」を使って行うもので、反応が緩やかであるために白くなるのに時間がかかるという特徴があります。個人差はありますが、効果を実感できるまでには2週間程度かかるでしょう。しかし白さが長持ちするのはこちらの方法です。ホワイトニングは審美歯科の範疇なので保険適用外で、相場は2万~10万円程度です。料金体系はクリニックによってまちまちで、一回で終らない場合もあります。費用を抑えるなら効果的な前歯だけを行うという方法もあります。

↑PAGE TOP

Menu